再び飲んでみた!カフェグレコ〜クラシックブレンド18杯分〜(ユナイテッドコーヒージャパン)

カップオン型1杯コーヒー

再び飲んでみた!カフェグレコ〜クラシックブレンド18杯分〜(UCC)

こんにちは!
市販ドリップコーヒー分析職人のポポです!

気が付けばもう一か月も更新が滞っておりました。。
8月に入ってからというもの色々と環境に変化があり、なかなか手が回らなかったんです。

そんな中でもコーヒーは毎日欠かさず飲んでますし、Twitterでは色々呟いてはいるんですけどね!笑

ちなみに現在はコーヒーの基礎的な資格取得を目指して勉強中だったりします!

で、今回は当ブログでの評価最高点であるユナイテッドコーヒージャパンさんの「カフェグレコ〜クラシックブレンド〜」再分析してみたいと思います!

本商品について

商品スペック

お値段:647円(税込)
袋数:18袋入り
一杯あたりの値段35.9円
生産国:グァテマラ、ブラジル他
分量:7g

本商品のポイント

今回分析させてもらうカフェグレコ〜クラシックブレンド〜は過去にも分析しており、当ブログのドリップコーヒーランキングで1位を獲得しています。

ただ、あれから数年が経過し、私も数多くのドリップコーヒーを飲んできました。
この商品について、

  • 味に変化はないのか
  • 自信を持ってこのブログを訪れた方にオススメできるのか

上記の問いから再度確認する必要があると判断し、今回の再分析にいたりました!

ひとまず「カフェグレコ」についておさらいです!

・イタリア、ローマで1760年創業の老舗カフェの店名
現存の建物は重要文化財として指定されており多くの文化人や著名人に愛され、観光客でも賑わっている
・日本ではUCCホールディングスグループ(ユナイテッドコーヒージャパン含)がライセンスを取得して製造・販売している

です。

本場イタリアで提供されている味わいそのものを表現されているものと思われます。

コーヒー豆にはブラジル産とグァテマラ産が使われていますが、イタリアンテイストということでコク深い味わいとなっていることが想像できますね。

内装とドリップバッグについて

では内装を見ていきます。

ブラックの背景にカフェグレコのロゴが描かれています。

なんだか高級感溢れますね!

続けてドリップバッグです。

これはコストを抑えたシンプルな一杯物のドリップバッグですね!

ドリップ中はこんな感じ。

ドリップすると表面に珈琲豆の油分が!

美味しさの証ですね!!

では数年ぶりのカフェグレコ、いただきます!




分析結果と総合得点

味の分析結果

<ポポの分析結果はコチラ>※
香り:4
酸味:3
コク:4
風味:5
※各項目ごとに5段階評価で実施。
香り(1香ばしくない ~ 5香ばしい)
酸味(1弱い ~ 5強い)
コク(1軽い ~ 5重い)
風味(1心地よくない ~ 5心地よい)
このブログにおける風味とはコーヒーを飲み終えた後の感覚・鼻で深呼吸した時の気分を表しています。


深くどしっとした豊潤な香り。どこか花のような香りにも感じます。

酸味はほのかに感じ、ハッキリとは伝わらない程度。
甘いぶどうの優しい酸味というイメージ。

コクがしっかりとあり、ボールドな味わいです。
それでいて飲みごたえがスッキリで飲みやすい。

風味としてはほろ苦さが持続的に感じ取れ、優雅な気分に浸れます。

総合得点と飲んだ感想など

総合得点は100点満点中、、、95点です!

やっぱり点数据え置き!納得の一杯!

恐らく私が分析を始めた当時にこれぞ!という味にマッチしたんだと思います。

そして一杯当たりの値段も安価だったために95点という最高得点を付けたんだと思います。

数年経った今回も飲んでみましたが、優しい酸味、深煎りのコク、優雅な風味、飲み易さ、価格、全てが納得のいく内容でした。

7gという分量が少し物足りない感じもしますが、価格見合いということで納得感もあります。

というわけで引き続きカフェグレコ(クラシックブレンド)の味わいは自信をもってオススメしていきたいと思います!

ちなみに私はスーパーの成城石井で購入しました!
気になる方はぜひ探してみてくださいね!

以上、ポポでした!

市販ドリップコーヒーランキングはコチラからどうぞ↓

【2020年更新】ドリップコーヒーランキング100選
わたしがこれまで飲んできた100種類以上の市販のドリップコーヒー商品を得点ランキング形式でまとめてみました!ドリップコーヒー商品選びの参考にしていただけると幸いです。

コメント