珈琲一筋30年!青海珈琲「青海ブレンド」を飲んでみた!

カップオン型1杯コーヒー

珈琲一筋30年!青海珈琲「青海ブレンド」を飲んでみた!

こんにちは!
市販ドリップコーヒー分析職人のポポです!

久々の記事投稿となってしまいましたが、日々欠かさずドリップコーヒーは飲んでいますよー!

で、今回は2つお知らせがございます。

1点目。

TwitterやFacebookでは既に共有させてもらっていたのですが、ついに…ついにマグカップを替えました!!

それがコチラ!

とあるYoutuberさんのマグカップを見て影響されました…笑

というわけでコチラのマグカップを愛用していきたいと思います!

そして2点目。

わたくし先日、誕生日を迎えました!!

Twitterでは人生で初めてと言っていいほどたくさんの方にお祝いして頂きました!

popo
popo

いいね・コメントを下さった皆さま、本当にありがとうございました。

そして、自分自身にご褒美を!ということで人生初の通販ドリップコーヒーを注文し、自分へプレゼントしてみました!

という訳で今回は番外編となります!

通販ドリップコーヒー、青海珈琲さんの「青海ブレンド」を分析してみます!

本商品について

商品スペック

お値段:1,200円(税込)
袋数:12袋入り
一杯あたりの値段100.0円
生産国:ブラジル、コロンビア、グァテマラ、インドネシア
分量:10g

本商品のポイント

青海珈琲さんについて少し情報をまとめますと下記のとおりです。

・東京都で展開されている珈琲専門店、母体はスイーツパラダイスを展開する井上商事(株)さん
・二十数年コーヒーメーカーで務め、コーヒーを極めたマスター永田が焙煎
・注文を受けてから焙煎し、新鮮さ・香りを大切にしている
・店舗では1杯100円でマスターが焙煎した珈琲が飲める

ということで東京でしかお目にかかることのできないコーヒーなんですね!

ちなみに、たくさんのスイーツをバイキング形式で食べ放題のスイーツパラダイスでもこの青海珈琲のオリジナルブレンドが使われているそうです!

今回、青海珈琲さんに決めた理由は何といってもその価格!

1杯あたり100円

通販ドリップコーヒーで探してみると分かるんですが、やはりドリップパックという手間のかかる商品のためか1杯当たりのお値段はどこも高価です。
(通販でも豆のままの商品は結構低価格で販売されているんですが、我が家にはミルがないので。。)

ドリップコーヒー通販でもこの価格で特別な一杯が飲めるなら。という気持ちで選ばせていただきました!

青海珈琲ではコーヒー一筋30年のマスター永田さんが、試行錯誤しつつ高品質な豆をブレンド・焙煎しながら数カ月かけて商品化しているようで、今回の青海ブレンドも4ヵ国の豆がブレンドされています。

ブラジル、コロンビア、グァテマラの中南米産に加え、インドネシア産豆がブレンドされているところがポイントですね!

ちなみに注文して2日後にはネコポスで送られてきましたよ!早い!

ということで早速開けてみます!

内装とドリップバッグについて

内装パッケージについて見ていきます!

ホワイトの背景にブルーのデザインで青海珈琲と記載がありますね。
コーヒーから漂う湯気がまるでカモメのような描かれ方をされているのが海辺を連想させてくれます!

続けてドリップバッグです!

よく見かける一杯物のドリップバッグですね!

「新鮮さ・香りを大切にしている」と言われていますが、確かにドリップバッグ開封時に挽きたての香りを感じました!

popo
popo

いい香りだ。。。

ちなみにセットしてみると注ぎ口が広いタイプですね!
お湯がこぼれないです!

では早速飲んでみます!




分析結果と総合得点

味の分析結果

<ポポの分析結果はコチラ>※
香り:4
酸味:3
コク:4
風味:4
※各項目ごとに5段階評価で実施。
香り(1香ばしくない ~ 5香ばしい)
酸味(1弱い ~ 5強い)
コク(1軽い ~ 5重い)
風味(1心地よくない ~ 5心地よい)
このブログにおける風味とはコーヒーを飲み終えた後の感覚・鼻で深呼吸した時の気分を表しています。


どしっとした感覚に加えココアのような甘い香りもあります。
あまり経験のない良い香りですね。

酸味はあまりなく微かに感じる程度。時間とともに多少は強くなります。

コクはやや深めという印象を受けます。
舌にほどよくのしかかるという感じでしょうか。

風味としては焙煎の豊潤な香りとほろ苦さが口の中で広がり、とてもリラックスできます。
リラックスしすぎてアクビがでてしまうほどです。笑

総合得点と飲んだ感想など

総合得点は100点満点中、、、市販ドリップコーヒーではないので控えます!!

焙煎と香りにこだわった一品!

中南米産の軽やかな味わいにインドネシア産豆の深いコク・苦味を調和させることで独特の味わいを表現されていると感じました!

飲んでいる途中に製造された方が飲む人に対してどういう想いを伝えたいかがなんとなく受け取れた感じがしました!(勘違いかもしれませんが。笑)

個人的には南米産の豆にアクセントとしてインドネシア産の豆をブレンドするスタイル、好きです。

深いコクやほろ苦さが残る、コーヒー好きにも好まれるような味わいだと感じました。

飲むシーンとしてはリラックスタイムのひとときに、甘いスイーツタイムのお供に良いと思います!

青海珈琲の「青海ブレンド」が気になった方は試してみてくださいね!↓



【青海珈琲】香りで行列、1日300杯が売れる珈琲

以上、ポポでした!

市販ドリップコーヒーランキングはコチラからどうぞ↓

【2020年更新】ドリップコーヒーランキング100選
わたしがこれまで飲んできた100種類以上の市販のドリップコーヒー商品を得点ランキング形式でまとめてみました!ドリップコーヒー商品選びの参考にしていただけると幸いです。

コメント