【飲んでみた!】丸福珈琲店 秘伝焙煎 ドリップ珈琲(丸福商店)

カップオン型1杯コーヒー

【飲んでみた!】丸福珈琲店 秘伝焙煎 ドリップ珈琲(丸福商店)

市販のコーヒー分析職人ポポです!どうも!

たまーに出張する時があるのですが、その時は必ず近くのスーパーに立ち寄ります。
そのエリアでしか売ってないドリップコーヒーがあるからです!

今回もまたまた大阪のスーパーで見つけた商品、丸福商店さんの「丸福珈琲店 秘伝焙煎 ドリップ珈琲」を分析します!
スペックは下記のとおりです。

本商品について

商品スペック

お値段:386円(税込)
袋数:5袋入り
一杯あたりの値段:77.2円
生産国:ブラジル、コロンビア他
分量:8g

本商品のポイント

うーむ、この商品結構強気な値段設定ですね。
1杯あたりでいくと77円、、、なかなか毎日飲む珈琲としては贅沢な価格帯ではないでしょうか。
なお丸福珈琲店はパッケージにもあるとおり、創業が昭和9年ということです。

昭和9年:1934年
平成28年:2016年

ですから82年も経営されてる超老舗珈琲店なんですね!
ちょっと調べてみたのですが、非常に有名な珈琲店で大阪に珈琲の味を浸透させたと言っても過言ではないくらいの会社でした。天皇陛下に珈琲を提供した歴史もあるようで、店舗も全国の有名な土地にたくさんありました。。

大阪駅付近のルクアイーレ10階にもあるようなので外から覗いてみました!

rps20160909_164645

うーん、品のある喫茶店という感じで、こういうところでお茶できる大人になりたいなぁと思いましたね。。

内装とドリップバッグについて

さて!そんな丸福珈琲様のドリップ珈琲、さっそく中身を見てみましょう!

rps20160909_153816

内装は外装と同じデザインで女性がコーヒーをトレーで運んで来ている様子が描かれています。全体的にレトロなデザインで昭和チックです。

「芳醇無比」「香味豊富」の文字はまさに歴史の長さを感じさせてくれます。では開封してみます!

rps20160909_153843

すごくコンパクトなドリップバッグとなっておりカップの両端にかけるのではなく、カップのどちらかにかけるような作りになっています!(フックの距離が短い)コストをできるだけ削減していますね!

それではいただいてみます!




分析結果と総合得点

味の分析結果

<ポポの分析結果はコチラ>※
香り:2
酸味:2
コク:2
風味:3
※各項目ごとに5段階評価で実施。
香り(1香ばしくない ~ 5香ばしい)
酸味(1弱い ~ 5強い)
コク(1軽い ~ 5重い)
風味(1心地よくない ~ 5心地よい)
このブログにおける風味とはコーヒーを飲み終えた後の感覚・鼻で深呼吸した時の気分を表しています。


ドリップバッグを開けた瞬間にコーヒー豆の挽きたての芳醇な香りがしました。
また、豆がパッと見、粗びきのように見えましたね。

で、お味のほうなのですが、香りは特徴的なものはなく、酸味もほとんどなく、コクは浅いです。

苦味が少しある程度で、非常に飲みやすいコーヒーですね。

アメリカンという表現が分かりやすいかもしれません!

と、言うのもこのコーヒー、適量が135mlと少なめ(たいてい180mlくらいの商品が多い)となっています。これを守り抽出方法でもじっくりとお湯を注いでいますが、すごくスッキリとしたコーヒーとなります。

総合得点と飲んだ感想など

総合得点は100点満点中、、、79点です!

非常に飲みやすいコーヒーです。粗びき(のように見える)ためかとてもスッキリとしたコーヒーの味になりますね。

アメリカンや薄いコーヒーが好きという方にはオススメです!
総合得点が70点台なのはコスパがどうしても悪いのと個人的にポポ好みの味ではなかっという点からです!

しかし戦前・戦後に日本で飲まれていた珈琲の味というのがこういった味だったのかもしれない、、そういった意味では感慨深いものがありますね!
また一つ勉強になりました!!

以上、ポポでした☆

市販ドリップコーヒーランキングはコチラからどうぞ↓

【2020年更新】ドリップコーヒーランキング100選
わたしがこれまで飲んできた100種類以上の市販のドリップコーヒー商品を得点ランキング形式でまとめてみました!ドリップコーヒー商品選びの参考にしていただけると幸いです。

コメント