【飲んでみた!】煎-せん-香醇濃厚珈琲(AGF)

カップオン型1杯コーヒー

【飲んでみた!】煎-せん-香醇濃厚珈琲(AGF)

おはようございます!そして明けましておめでとうございます!

定期的に読まれてる方は皆無かと思いますが本年もどうぞ本ブログをよろしくお願い致します。笑

さて!2017年の1発目に分析するのは、AGFさんの「煎-せん-香醇濃厚珈琲」です!

本商品について

商品スペック

お値段:365円(税込)
袋数:5袋入り
一杯あたりの値段:73.0円
生産国:タンザニア、コロンビア他
分量:10g

本商品のポイント

タイトルが今までのブログタイトルで一番短いですね。。。

そんなことはさておき、前から気になっていたAGFさんの煎!商品のパッケージや1杯あたりのお値段からも分かるようにちょっと高級な感じなのでなかなか手が届きませんでした。

しかし!新年1発目ということもあり思い切って分析してみました!
この「煎」ももれなくAGFさんの独自焙煎「T2CMI焙煎(たくみ焙煎)」「ドリップバッグのセットしやすさ評価No.1」がなされており、AGFさんのドリップコーヒーにかける熱い想いを感じます!

たくみ焙煎?セットしやすさ評価No.1ってなに?という方はこれまでの「ちょっと贅沢なコーヒー店」シリーズの商品分析もぜひご覧下さいね。

【飲んでみた!】ちょっと贅沢な珈琲店~喫茶店ブレンド~(AGF)
AGFさんのちょっと贅沢な珈琲店シリーズ「喫茶店ブレンド」。まるで喫茶店に入店した時かのようなやわらかい香りが表現されており、飲み心地もよく、爽やかな気分になれる一杯でした!
【飲んでみた!】ちょっと贅沢な珈琲店 プレミアムドリップ 澄んだコクのリッチ(AGF)
AGFさんのちょっと贅沢な珈琲店シリーズ「澄んだコクのリッチ」。10gという申し分ない分量と酸味・コクのバランスの取れた味わいで飲む時間やシーンを選ばない万能な商品だと感じました!
【飲んでみた!】ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド(AGF)MAXIM
AGFさんのちょっと贅沢な珈琲店シリーズ「スペシャルブレンド」。さっぱりとした味わいで、しっかりとコーヒーの余韻を楽しめる一杯でした!

ということで、この商品、タンザニアとコロンビア産のコーヒー豆が使われています。

タンザニア産のコーヒー豆というと、どっしりとしたコク柑橘系の酸味が特徴的だったと記憶していますが、この商品はどうでしょうか。

また、分量が10gもあるということで、しっかりとした味を楽しめそうですね!

内装とドリップバッグについて

ではさっそく中身を見ていきたいと思います!

内装はパッケージと同じデザインで和風なカッコイイデザインとなっています。
全然力を抜いていません。このマグカップから出る湯気、、素敵!

ドリップバッグはちょっと贅沢なコーヒー店シリーズと同様にセットし易さNo.1のデザインとなっていました!さらに「煎」の文字!
ドリップバッグに一番力を入れているのはやはりAGFさんではないでしょうか?

味も期待できそうです!それでは飲んでみます!




分析結果と総合得点

味の分析結果

<ポポの分析結果はコチラ>※
香り:4
酸味:5
コク:4
風味:3
※各項目ごとに5段階評価で実施。
香り(1香ばしくない ~ 5香ばしい)
酸味(1弱い ~ 5強い)
コク(1軽い ~ 5重い)
風味(1心地よくない ~ 5心地よい)
このブログにおける風味とはコーヒーを飲み終えた後の感覚・鼻で深呼吸した時の気分を表しています。


気のせいかもしれませんが、注いだコーヒーの表面にうっすらとコーヒーの油が浮いていました。
そして深い香りがあります。とても香ばしい上品な香りです。

また、強い特徴のある酸味があります。フルーティーな酸味でアフリカ産コーヒー豆ならではといった感じ。
果実をかじったような酸味に近いですね!

そしてコクも深い!酸味とコクがうまくマッチしていると思います。

風味もよく、雑味がまったく残りません。

総合得点と飲んだ感想など

総合得点は100点満点中、、、90点です!

特徴的な酸味と深いコクがうまくマッチしている商品です。
今まで飲んだことのない味わいで楽しませてもらいました。

少しお値段が高めなので普段飲むコーヒーとしては微妙かな~ということでもこの得点です。

上品な酸味を楽しみたい方にはオススメですし、コーヒー愛好家の方にも一度は飲んでもらいたいですね!

以上、ポポでした☆

市販ドリップコーヒーランキングはコチラからどうぞ↓

【2020年更新】ドリップコーヒーランキング100選
わたしがこれまで飲んできた100種類以上の市販のドリップコーヒー商品を得点ランキング形式でまとめてみました!ドリップコーヒー商品選びの参考にしていただけると幸いです。

コメント