【飲んでみた!】コクと苦みの深煎りブレンド(DOUTORドトールコーヒー)

カップオン型1杯コーヒー

【飲んでみた!】コクと苦みの深煎りブレンド(DOUTORドトールコーヒー)

こんばんは!市販のコーヒー分析職人ポポです!

さぁ今日もどんどんコーヒー分析すすめていきます!
目指すは100種類!

それまではどんなことがあろうとも分析していきますからね!

今回はドトールコーヒーさんの「コクと苦みの深煎りブレンド」を分析します!

本商品について

商品スペック

お値段:257円(税込)
袋数:8袋入り
一杯あたりの値段:30.2円
生産国:ブラジル、コロンビア他
分量:7g

本商品のポイント

ドトールさんの商品はこれまで「香り豊かな まろやかブレンド」と「クリスタルブレンド」をご紹介してまいりましたが、どれも安定的な味を提供してくれています。

特にドトールさんのドリップコーヒー商品は1パックの分量7gと少なめではあるものの、本当にお安い!

本商品も1杯約30円とコスパが非常に良い商品になりそうな予感がします!

内装とドリップバッグについて

さっそく開けてみます!

rps20160611_005108

内装は青、黒、白を使ったシンプルなデザインとなっています。
本商品、”深煎りブレンド”とありますが、深煎りについてご存知ない、気になる!という方はコチラ↓

さて、気になるドリップバッグは。。。。

rps20160611_005123

これはシンプルな1杯もののドリップバッグでございます。
ドトールさんの商品はクリスタルブレンド以外はこのドリップバッグの形状でしょうか。

コストを抑えるにはやはりこのバッグが一番のようです。

さて、それでは飲んでみます!深煎りとはいかに!!




分析結果と総合得点

味の分析結果

<ポポの分析結果はコチラ>※
香り:3
酸味:1
コク:5
風味:3
※各項目ごとに5段階評価で実施。
香り(1香ばしくない ~ 5香ばしい)
酸味(1弱い ~ 5強い)
コク(1軽い ~ 5重い)
風味(1心地よくない ~ 5心地よい)
このブログにおける風味とはコーヒーを飲み終えた後の感覚・鼻で深呼吸した時の気分を表しています。


まさに深煎りの香りですね。焦がしたような焙煎のいい香りがします。

とにかくコクが深く、苦味が強く、舌にどっしりとした重みを感じます!

酸味はほとんどなく、コーヒーのコクと苦味が主張的です。

風味もダスティーな、大人の苦みが持続するような商品ですね!

総合得点と飲んだ感想など

総合得点は100点満点中、、、85点です!

まさに『深煎り』という名に相応しい一品でしたね。

苦いコーヒーやエスプレッソが好き!って方には超オススメです。コスパもいいですし!

ただ万人受けするってわけではないのでここでは少し低めの評価にしておきます。

市販のコーヒーでここまで深煎りのコーヒーもなかなかないのでそういう意味では貴重な商品かも!

下記商品はリニューアル後で、生産国:「ベトナム、コロンビア、他」、内容量:「7g⇒6.5g」へ変更となっています。↓

以上、ポポでした☆

市販ドリップコーヒーランキングはコチラからどうぞ↓

【2020年更新】ドリップコーヒーランキング100選
わたしがこれまで飲んできた100種類以上の市販のドリップコーヒー商品を得点ランキング形式でまとめてみました!ドリップコーヒー商品選びの参考にしていただけると幸いです。

コメント