【飲んでみた!】ちょっと贅沢な珈琲店 プレミアムドリップ 優雅なモーニング・ブレンド(AGF)

カップオン型1杯コーヒー

【飲んでみた!】ちょっと贅沢な珈琲店 プレミアムドリップ 優雅なモーニング・ブレンド(AGF)

こんにちは!
市販ドリップコーヒー分析職人のポポです!

うだるような暑さも無くなり、朝夕の風が肌寒く感じるようになってきました。

ホットコーヒーの美味しい季節がやってきますね!

毎年この9月~10月にかけての気候の変化にワクワクするのは私だけじゃないはず!?

そんな中、今回分析するのはスーパーで偶然見かけたAGFさんの新商品「ちょっと贅沢な珈琲店 プレミアムドリップ 優雅なモーニング・ブレンド」を分析してみたいと思います!

本商品について

商品スペック

お値段:430円(税込)
袋数:14袋入り
一杯あたりの値段30.7円
生産国:エチオピア、タンザニア他
分量:8g

本商品のポイント

今回分析させてもらう「ちょっと贅沢な珈琲店」シリーズは過去にも多数分析させていただいています。

ちょっと贅沢な珈琲店 プレミアムドリップ モカ・ブレンド…88点

ちょっと贅沢な珈琲店~喫茶店ブレンド~…87点

ちょっと贅沢な珈琲店 プレミアムドリップ[澄んだコクのリッチ]…88点

ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド…88点

どれも高評価であり、個人的にも安心してオススメできる商品です。

さて、5つ目となる本商品ですが、先日ふとお出かけ先のスーパーで見つけました。

パッと見、パッケージが似ているのでいつもの商品かと思ってたんですが、よく見るとバターの乗ったトーストのイメージが描かれており、「新商品だ!」と気付いた瞬間に即買い!笑

本商品も漏れなく「T2ACMI焙煎」※が施されており、豆もアラビカ豆100%使用です!


※T2ACMI(Time and Tempreature Aroma controlled by Master’s Inovation)焙煎とは

匠(たくみ)な技で焙煎の時間と温度をコントロール。やわらかい日本の水だからより一層コーヒーの香りが引き立ちます。

との説明があり、”ちょっと贅沢な珈琲店シリーズ”については焙煎方法にこだわり、味わいを最大限に引き出すような焙煎をしているようです。


 

コーヒー豆の主な原産国はエチオピアタンザニアとなっており、モカの鮮やかな香りと酸味、それと交わるコクが楽しめそうな予感がしますね!

内装とドリップバッグについて

では中身を見てみます!

本シリーズ定番のカラーリング、ブルーとブロンズのメタリックカラーです。

特徴は左上の「まずは開封時の香りをどうぞ」ですね。

開封してすぐ挽きたての豆の香りが香ってきます!

カフェでバイトしている時からですが、商品開封時の香りって自分の人生の中でもトップ3入りの癒しの香りなんですよね。。

では、続けてドリップバッグです!

ちょっと贅沢な珈琲店シリーズのドリップバッグは本当に親切!

<粉コボレ注意>なんて書いてくれている商品他にあるかな・・・というくらい親切です!

ちゃんとドリップバッグまでコストをかけており、贅沢感が出ていますね!

ちなみにカップにセットするとこんな感じ!

そう!注ぎ口が広いんです!直径7~9cmまでのカップに対応しています。

参考までに私のマグカップは7.8cmです。
(いわゆる喫茶店のオシャレなコーヒーカップが9cmですね。)

ドリップ中はこんな感じ!

お湯をこぼすことなくばっちり抽出を楽しめます!

表面にはアロマオイルもしっかり浮かんでいます!

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、美味しさの証です!

それでは「優雅なモーニング・ブレンド」いただきます!




分析結果と総合得点

味の分析結果

<ポポの分析結果はコチラ>※
香り:3
酸味:3
コク:4
風味:4
※各項目ごとに5段階評価で実施。
香り(1香ばしくない ~ 5香ばしい)
酸味(1弱い ~ 5強い)
コク(1軽い ~ 5重い)
風味(1心地よくない ~ 5心地よい)
このブログにおける風味とはコーヒーを飲み終えた後の感覚・鼻で深呼吸した時の気分を表しています。


濃厚かつほのかに甘い香りがあります。

酸味は弱めですが舌の付け根で感じる事ができます。グレープフルーツ系の酸味に近いです。時間と共に強くなりますね。

コクはしっかりとあり、口に含んだ瞬間に重さを感じます。

風味としてはナッツの渋皮のような苦味が残り、「コーヒーを飲んだなぁ」というまったりとした時間を過ごせます。

総合得点と飲んだ感想など

総合得点は100点満点中、、、91点です!

コク深さと後味の苦みが特徴の一杯!

当初エチオピア産豆を使っていたのでモカ特有の鮮やかな酸味を期待していたのですが、飲んでみると思いのほか酸味よりも深いコクが特徴的で驚きました!

また、飲み終えた後の強い苦味は今まで飲んだドリップコーヒーにはなかった味わいですね。意図した苦みという印象です。

パッケージに記載されている「バター感をすっきりと感じさせる澄んだ後味」というのは苦みで調和させているという事なのかなと感じました。

バターを塗ったトーストに合う事はもちろんの事、甘いケーキやお菓子と相性抜群なのは言うまでもないですね。

価格も一杯あたり約31円と良心的ですし、深いコクが好きなコーヒー好きな方にも自信を持ってオススメできる商品です!

皆さんも優雅な朝食のお供にいかがでしょうか?

以上、ポポでした!

市販ドリップコーヒーランキングはコチラからどうぞ↓

【2020年更新】ドリップコーヒーランキング100選
わたしがこれまで飲んできた100種類以上の市販のドリップコーヒー商品を得点ランキング形式でまとめてみました!ドリップコーヒー商品選びの参考にしていただけると幸いです。

コメント